メモ

プロレス観戦メモです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

我闘雲舞 市ヶ谷

20121231南海記念診療所1F

Ex.エキジビション さくらえみ(3:00 0-0)ことり

 前日30日に続いて練習生のエキジビション。出来の良い子だが、昨日の時点で感じたのは、子どもがマットでさくらと戦う姿という、とてつもないデジャヴ(言葉がおかしいか)。タイがますます遠く、日本中心になって、みたび、同じことが繰り返される予感、だったが。


1.〇ケイリーレイ、里歩(11:42スコットランド流北斗原爆固め)松本浩代、×趙雲子龍

2.△米山香織(10:00時間切れ)△モーリー

3.〇さくらえみ、マサ高梨(9:21ラマヒストラル)中森華子、×山田太郎


 座談会で、まず米山が「今年はいろいろあって… モーリーと華ちゃんには思い入れがあって、一緒にいてくれてよかった、そんなモーリーと最後にシングルが出来て…」と涙ぐむ。
 それを見て、当のモーリーではなく横の中森がもらい泣き。必死に涙をふいて、順番がまわりタッグの解散を言い出す山田に、役割通り張り手を見舞う。よくがんばった。

 さくらえみ大賞なるものの発表がある。ベストバウト賞は、おそらくモーリー対高橋と迷ったのだろうが高梨対南野に決定。ついで、さくらがいちばん心動かされたという、ハートムーブ賞がモーリーに贈られる。コメントで、奈苗戦に思いを巡らせてモーリーの目にもまた涙。

 MVPに、「この人がいなかったら我闘雲舞もないし、タイでも日本でもやっていけなかった」と米山を選ぶ。抱き合う両者とも声に嗚咽が混じる。

 ほんとうの最後に、新入団選手として、この日アイスリボンを辞めたばかりの帯広さやかが登場。またさくら泣く。1・6板橋の第一戦のカードとして、空いていたさくら&里歩組の相手に立候補、パートナーには米山を指名。ここでも、帯広・米山とも涙ぐんでいる。

 なんだか湿っぽいみたいだが、みな感きわまった涙であり、幸せな空間であった。


 ことりがデビューして帯広が戻り、これはどうなるか全く分からないが、アイスリボン退団の発表されたみなみ飛香が高校卒業後どうするのか。我闘姑娘からアイスリボン、いつか来た道をまた辿るのか。
 そうであれば必ずしも米山がその場所にいなくていいとも思うが、先ほどの涙を見てわかったが米山とさくらの関係は強い。米山と華モリとの絆も同様。
 さらに、帯広がタイに行くのであれば、米山は行かなくても済むのかもしれない。

 2013年はどうなるんだろう、どこへ行くんだろう、何がやりたいんだろう。
 不安も少しあるが楽しみである。


 

テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ

  1. 2012/12/31(月) 23:02:31|
  2. 我闘雲舞・我闘姑娘
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<いま思えば | ホーム | JWP 後楽園>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://totsuyoulei.blog38.fc2.com/tb.php/820-1ece4f7b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

totsu_you_lei

Author:totsu_you_lei

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

MicroAd

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。