メモ

プロレス観戦メモです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

JWP 板橋GH

20130505昼


1.4way 〇ボリショイキッド(7:36ウラカンラナインベルティダ)×Leon ※あと2人は阿部幸江、KAZUKI


2.〇ヘイリーヘイトレッド(7:23投げ放しパワーボム)×モーリー


3.〇春山香代子、倉垣翼(13:20ラリアット)×ラビット美兎、つくし

 ラビットの躍動感がすばらしい。つくしも良かった。


4.ライディーン鋼、○華名(9:54腕ひしぎ十字固め)×中島安里紗、川佐ナナ

 試合後、中島に対し「お前、小さすぎるんじゃ。何やってもJWPの中でしか通用せえへんのや」と言い放った華名。

 私はこの華名が、まずその誇大表示癖ゆえに嫌いである。
 また、UWFスタイルそのものも好みでなく、さらにそれですら練習不足?のためか一時期からまるで進歩せず、かわりばえしないため、内容面でも特筆することがない。
 ただ1点。そのプロ意識の持ちようについては評価している。

 引退騒動の前、“米山革命”の主張にこめられた真情は、JWPの中では理解されていなかったように思う。さくらえみも、価値観の共有はあったかもしれないが、それより友情から行動をともにしてくれていたんだと思う。

 米山を、心底から理解していたのは、木村響子と、もう1人はじつは華名だったのではないか。
 2011年11月20日JWP大阪大会後 ブログ記事 ツイート1 ツイート2 ツイート3
 そして、米山革命がみるべき成果を残せず中途半端に終わったあと、その精神を引き継ぐだけでなく、それ以上のバイタリティと天性の開放的な思考・くったくのなさで、改革を推進しているのがいまの中島。というのがぼくの考え。米山の言っていた、華名の自己プロデュース能力・話題力を学ぶべきだ、って同じことを、中島もこないだの週プロのインタビューで語っていますね。

 米山、中島、華名、木村。それぞれが惹きあったり反発しあったりして見えるが、底にあるプロ意識のありように共通点がある気がする。


5.EVE選手権
  〇ニッキーストーム(=王者)(13:22アークティックサイクロンネックブリーカー)×中森華子(=挑戦者)

 ニッキーの日本ベストマッチ。椅子を使ったり、ハードコアに手馴れていた。ぎゃくに、タッグは向こうであまり経験が無く、慣れていなかったのだろう。


6.JWP認定、POP、Jr2冠選手権 〇勝愛実(=王者)(9:45ダイビングエルボードロップ)×Sareee(=挑戦者)

 ソバージュっぽいパーマをかけた勝の雰囲気が、春山に似ている。
 吊天井は日向あずみから譲り受けたものか。

 サリーもきびきびして良かった。

テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ

  1. 2013/05/05(日) 16:34:54|
  2. PURE-J・JWP
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<雫ヘイリー自主興行 板橋GH | ホーム | JWP 板橋GH>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://totsuyoulei.blog38.fc2.com/tb.php/830-6f7f924f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

totsu_you_lei

Author:totsu_you_lei

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

MicroAd

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。