メモ

プロレス観戦メモです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

大日本 にぎわい座

20130710横浜・にぎわい座B2Fのげシャーレ

 開始前に、次回8・5にぎわい座の1Dayタッグトーナメントの組合せ抽選がある。また、同じく8・5で伊東竜二復帰戦が行われるとアナウンスがある。
 リングに居残った沼澤が、メインで女子と戦うのに乗り気でないこと。なので、発表されていたルールを変更したいと告げる。これが、サプライズの伏線だったわけだが(笑)。


 売店で山川竜司から、ビールとつまみを買ったが、合計金額とおつりとが、パッと暗算で出てこない。たいへんだな…


1.〇高岩竜一(11:38ラリアット)×石川晋也

2.アレナニギワイザ
  ジ・ウインガー、ラ☆パンダ、〇オカライトイヤー(15:36アルゼンチン背骨折り)×大橋篤、塚本拓海、神谷英慶

 「横浜市都筑区のヒーロー、マッスルファクトリー」と称して大橋と塚本は、アルティメットウォリアー風のフリンジを、二の腕とふくらはぎに着けるコスチューム。

 いったん最初に登場したウインガー組にオカライトイヤーが不在で、敵の入場の後、もういちど曲をかけてやり直す。
 あとで週プロモバイルを見て、第1試合勝者の高岩がストロング王座への挑戦をぶちあげたところに、岡林がバックヤードで噛みついていたため、変身が間に合わなかったのだとわかる(笑)。

 そのオカライト。元ネタは『トイストーリー』のバズライトイヤーというキャラクターらしい。腕を高く掲げ、虚空の一点をにらんで「わたしは、オカライトイヤー。」という決められた台詞を繰り返す。
 スイッチを切られると動きが止まってしまい、相手の3人にくすぐり攻撃を受けて身悶えたり、退場時にオフにされたまま置き去りにされたり。

 岡林は、私がたまたま見た上野公園大会でもパンダの中に入っていたり、なかなか器用で使える人材である。


3.〇フジタ“Jr”ハヤト、竹田誠志(12:34KID)河上隆一、×橋本和樹

 竹田とハヤトは、レスリングの強豪、自由が丘学園高校の先輩後輩らしい。
 決め手は、胴締めフロントスリーパー。

 ハヤトを見る機会が今までほとんど少なかったが、格好いい、速い。いい選手だ。


4.〇関本大介(15:14原爆固め)×吉野達彦

 関本の横のデカさは異常だ。人間とは別の生き物のようだ。それでいて腰回りが締まってシュッとしてるんだよな。


5.A Midsummer Night Dream? ~真夏の夜の夢
  〇さくらえみ、米山香織組(2-1)×沼澤ジャキ美、佐々木義子組
 1) 〇沼澤(2:46OTR)×米山 2) 〇さくら(8:26ラマヒストラル)×沼澤 3) 〇米山(3:55連射式月面水爆)×佐々木

 ルールは、1本目がオーバーザトップロープ、2本目が通常、3本目が2カウントフォール、各20分1本勝負。

 対戦を渋っていた沼と義人の2000年デビューズの入場曲は「かけめぐる青春」。お揃いのワンピースの水着。じつはノリノリだったという(笑)。ただ、あらためてタイトル「真夏の夜の夢」を考えれば、示唆されていたのかもしれない。

 試合では、お転婆ダッシュを2人交互に披露する。さくらのグラビア固めにジャキ美が割って入って前で寝そべってポーズをとったり。

 よねちゃんはジャキ美をヘアーホイップで投げようとするもスッポ抜ける、髪の毛をむしる、など、ハゲへの精神的な攻撃をみせた。

 勝利を決めた3本目の、2連式ムーンサルトへつらなる畳み掛けは見事であった。

20130710.jpg

テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ

  1. 2013/07/10(水) 23:34:10|
  2. 大日本
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<JWP 大阪 | ホーム | 我闘雲舞 板橋GH>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://totsuyoulei.blog38.fc2.com/tb.php/836-1a21db79
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

totsu_you_lei

Author:totsu_you_lei

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

MicroAd

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。